中国で感じた車の運転のマナーについて

私は現在30代の男性です。現在は中国に住んでいます。中国の南端にある海南島という島です。こちらに住んで2年ほどになります。1週間に1度ほど、タクシーを利用するのですが、今日はその際に感じる中国での車の運転のマナーについて記したいと思います。
中国での運転マナーを一言でいうと、かなり乱暴と言えます。信号はみな守ります。しかし、車線はほぼ守りません。しかも、追い越しや車線変更をする際にはウインカーもつけません。みな自由に車線を変更し、どんどん割り込んでしまいます。
それで日本の感覚でいると、怖くて運転ができません。車間距離もかなりつめていますので、ちょっとブレーキのタイミングが遅くなれば簡単にぶつかってしまいます。
このように、中国の車の運転マナーはかなりひどいのですが、それでも不思議なことに事故は多いのですが、大惨事になるほどの事故は少ないです。人が亡くなるような事故はあまりありません。
また、日常的に割り込むことに慣れているせいか、ドライバー同士で喧嘩しているという人たちもあまりみたことはありません。
このように、日本よりも交通マナーは悪いのですが、意外と死亡事故が少ないというのが私が住んでいる中国の印象です。

中国でよく見かける車について

私は現在30代の男性です。現在中国に住んでいます。中国でも南端に位置する海南島というところに住んでいます。こちらに来て2年ほどになりますが、今日はそんな私が実際に住んでいて、町でよく走っている車について記したいと思います。
中国は現在日本を抜いて、世界第2位の経済大国となっています。貧富の格差は、日本よりひどいですが、そのため富裕層は日本の富裕層よりもお金を持っています。ですので、実は街を走っている車は日本では見かけないような高級車ばかりです。
例えば、ベンツなどはよく見かけるのですがそれだけでなく、ポルシェやフェラーリなども街中を走っています。私は日本にいた時に、東京に住んでいたのですが、東京で見かけるよりも高級車がたくさん走っていると思います。
また、中国でよく見かけるのはとても派手なデザインの車です。たとえば、赤やピンク、緑などです。蛍光色の車もよく走っています。またキャラクターのデザインが施されている車もよく走っています。
このように、日本と比べると街中を走っている車の様子がだいぶ違うことが分かると思います。恐らくこれからも中国では車がどんどん増えていくと思いますが、高級車を乗る人がどんどん増えていくはずです。

関連サイト

バイク査定をお考えの方はここをチェック:バイク査定ドットコム
車買取のご相談はこちらへ:車査定情報サイト
自動車保険の比較ならここ:自動車保険の選び方
大型二種合宿ならこちら:免許Z

サブコンテンツ